表札・看板選びの総合情報サイト『表札JET!』へようこそ

表札・看板選びのことなら『表札JET』

ホーム>表札の位置

表札の位置

表札と言うのは家の顔を表す大切なものです、また表札は家名を表し家人の生き方も表す正に家や家族の顔。
風水にも密接に関係してきます。

表札の位置は家の外部から見て、開口建具(ドア、引き違い戸)の基本右側で、目線から表札は高過ぎず低過ぎずを良しとします、おおよその取り付け位置は目線より少し上の一間(1.8M)程度を目安としましょう。
この事は、家の中から見た場合は表札が、逆に見える左側に位置することになります。

この左側というのは風水学上、陽気(プラスの気・火足(ひたり))の影響を受けて、家全体が発展していくという方位であり、右側は、陰気(マイナスの気・水極(みき))の影響で家全体が衰退していくという方意があります。
風水方位学の判断では、全て左は陽気,右は陰気とします。
したがって、ドアの場合の吊り元は、家の外部から見て左側となります。
要約すると、外部からの悪い気(泥棒・病気)を左側の表札位置で衰退させて、内部からの良い気(家族)は右側の表札位置で発展させると言うことです。
また、入口の中央に表札をかける事も良くありません。

家の主で大黒柱の家長を中心とした家族が、世間(社会)と問題無く交流するためには、左側が重要だということになります。
尚、玄関戸が引き違いの場合の門・表札についても、表札位置は同じ判断となります。

家の門・家名表札の作る素材に関しては、風水的設置方位、家の門構築素材により表札の位置や素材を判断することが大切です
主に玄関表札は、文字を上から書いて行くので縦長の長方形が基本形体となり、自然の素材で特に木気を良しとする。
木以外の素材は人工素材で、プラスティック製品とか石質の表札は、風水学家相的には良くありません。
つまり風水家相では、自然に流れる木を呼び込み環境に順応調和することが大切で、最も風水の力を呼び込みやすい表札、自然木を素材とすることで良い気をコントロール出来るのです。

玄関表札の基本的書き方は、姓だけ、家長の姓名、家長と家族の名を順に書いたものと色々ありますが、どの書き方をしても風水の家相に影響の発生はありません
なお、家族順の縦書きの場合は基本、正面に向かって右側より、主人、妻、長男、長女という順に男が先で女が後、左にすすめて書いていくことになります。
来訪者、お客さんがまず一番最初に目にするところでもありますので、明るく清らかな感じをあたるような文面を心掛けてください。

recommend

神奈川県で樹木葬も出来る墓地・霊園おすすめ5選 | 口コミで人気
スーツ 通販
Copyright(c) 表札JET! Allrightreserved